読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かなの日々

日々の日記を書いています

BBクリームで兼用

日焼け止め入りと書かれているわけではないですけど、BBクリームやファンディションの表記を見ると、大抵はSPFPAなんて言う紫外線に対することが書かれてます。
メイクするのに日焼け止めを塗るとなると、下地前かファンデェーション後かなど、どのタイミングで塗れば良いのかよく分からなくなるので、今のところこういうタイプの物を選んでいます。
今はBBクリームでSPF30・PA++のものです。
SPFも50ぐらいのものもあるのですが、アウトドアに出掛けるわけでもないので日常ではこの程度で良いかなと思ってます。
 
でも、少し不安なの事があるのも事実なんです。
手に塗る一般的な日焼け止めなら気楽に塗り直すことが出来るんですが、メイクとして施したものは何処で塗りなおせばいいのかと言うことなんです。
メイク直しの時がそのタイミングだと言われると思うんですが、ポイントメイクの上からまだらに追加していることにならないのかな?と思ってしまいます。
今はBBクリームなので、首やデコルテには別に日焼け止めを先に塗っていますけど。
あと、手には余ったBBクリームを日焼け止め代わりに使っています。
パケ買いしたり、付けてみて色目の合わなかったBBクリームやCCクリームは、手や脚で消費すると無駄が無くて良いです→日焼け止めファンデーション
 
広告を非表示にする

肌には効くココナッツ

もともとナッツ系は苦手なので、食べることはあまりしません。ナッツ系(ピーナッツやアーモンドなど)を食べると喉元がちょっともやっとしてきて、それを解消するためによけいに食べてしまいます。
こんなふうなので、ココナッツオイルのことを知っても自分で使おうとは思ってませんでした。
 
でもココナッツオイルの使い方は食べるだけではなく、食べる以外にも美容に活かす方法がいくつもあることを知り、それなら私も使えると思い、ちょうど新しい美容の方法を探していたので、ココナッツオイルを試してみることにしました。
まずは顔に塗ることです。洗顔後の顔にクリームみたいに塗りました。塗ったままだと顔がテカテカするので少し時間をおいて優しくふきとります。そうすると肌がなめらかになります。この効果は普通のクリームみたいに続きます。顔だけでなく手足につけてもいいと思います。
 
コスメはオイルフリーのものをよく使いますが、ココナッツオイルなら肌につけてもいいです。食べるのは苦手でも香りは好きなので、肌につけても大丈夫です。
私は食用のココナッツオイルを使いましたが、スキンケアのためのココナッツオイルも出ているので、こちらのほうを使ったほうが肌により効果があると思います→ココナッツオイル顔

私には必須アイテム

夏の強い日差しのときだけではなく、一年中で最も紫外線が強いと言われている5月6月、夏の海、冬のスキー、と一年中日焼け止めはかかせません。
普段使いは下地にSPF30くらいのCCクリーム、そしてファンデとパウダー。
夏の海や冬のスキー、テニスや子供の運動会など、紫外線を多くあびそうな時はSPF30くらいでは心許ない為、SPF50くらいの日焼け止めを下地に、ファンデとパウダー。こまめにパウダーで押さえます。
最近は顔だけではなく、首すじや腕や手の甲の日焼け、日焼けによる肌のゴワゴワ感が気になり始めました→ccクリームspf50
せっかくの夏なんだから、おしゃれも楽しみたい!と、半袖やノースリーブを積極的にきていました。みんながつけているアームカバーもどうしても好きになれず、「あれをつけたんじゃ、半袖の意味がない…」と何もつけませんでした。年々日焼けが戻らなくなり、今更のように、日差しが強い日は薄い風通しの良いカーディガンを羽織っています。なので、首や腕、手の甲にも日焼け止めは必須です。
ちゃんと予防している友達は、洗濯時にも日焼けする、と日焼け止めを顔にも身体にもちゃんと塗って、お化粧を済ませて、ベランダの入り口に帽子を置いているので被って、洗濯物を干すとのことです。
 

はじめました。

ブログはじめました。

日記はあまり書いた事がないのですがブログなら続けられるかなと思い始めてみました。

今更ですが(笑)

 

f:id:sfhkiy:20170412140414j:plain

 

この前お花見で群馬に行った時に食べたB級グルメです。

食べるの大好きーーー

ダイエットしなきゃ(笑)

広告を非表示にする